総量規制対象外のカードローンは借り換えにピッタリ

お金が必要になって貸金業者からお金を借りる人は多数います。街中に貸金業者の店舗、自動契約記が立ち並び、お金を借りたいときにすぐに対応してもらえます。WEBで申し込みから契約まででき、最寄の自動契約機からカードを発行し、キャッシングもコンビにのATMからいつでも引き出せる便利さから、利用する人は増える一方です。
消費者金融は、1万円の小口から引き出すことができ、安定した収入があればアルバイトやパート、主婦でも借り入れすることが可能です。お金が不足するたびに返済することを考えずに、気軽に借り入れしているうちに、複数の消費者金融から借金をしている状態になっている人もいるでしょう。複数の金融機関でお金を借りていますと、毎月の返済の対応に大変になるものです。返済日や返済額が借り入れしている先によって違いますので、忘れないように管理をするだけでも辛いことです。また、返済日を忘れたり、お金を用意できずに延滞してしまうことにもなりかねません。こうしたリスクを回避し、手間も返済額も少なくするには、一つのところに借り換えすのが一番です。
借り換えするなら総量規制対象外のカードローンの銀行です。総量規制対象外のカードローンなら、収入に関係なく融資をすることができますので、複数の借金を一本にまとめた大きな金額になっても受け入れてもらうことが可能です。
総量規制対象外のカードローンの銀行は、消費者金融に比べ金利も低く設定されているうえに、一本にまとめることで金利がさらに低くなり、返済額が少なくなりますので、返済が楽になります。

ゆうちょでお金を借りるコツ

ゆうちょでお金を借りるときに、いくつかコツを抑えておくと便利です。一番簡単なコツは、「財産形成貯金担保貸付」「貯金担保自動貸付」「国債等担保自動貸付」のどれかの貯金をしておくことです。これは貯金などを担保として借り入れを利用する制度があるため、すぐに借りられます。逆にいうと、担保がなければ借りることはできないのです。

それではそれらの担保がなければ、ゆうちょでお金を借りることができないのかというと、そうではありません。それ以外でもお金を借りることはできます。たとえば、カードローンだったり、フリーローンだったりです。カードローンは比較的低金利(7.0~14.9%)なので利用しやすいのですが、今すぐに借りたいという人には不向きといえます。ただ、審査は即日なので、時間に余裕があって、比較的低金利のところから借りたいという人に向いています。利用限度額は500万円初回300万円)となっていてかなり高額でも借りることができます。ただし、審査によって融資金額や金利が決まるようになっています。あとはフリーローンがあります。カードローンは使用目的は何でもいいのですが、フリーローンは使用目的が決まっているものに対して借りることができるものです。たとえば、自己投資プラン、教育プラン、オート(車)プラン、ハッピー(結婚・出産)プラン、エコ(屋上緑化・太陽光発電)プラン、リフォームプラン、フリープラン、などです。これは返済期間は最長7年間となっています。このフリーローンは使用目的さえ決まっていれば、借りやすいので、覚えておくといいコツです。

誰でも即日融資を受けられる方法

即日融資来店不要に対応している消費者金融や銀行を利用して、無事に審査を通過することが出来れば誰でも即日融資を利用することが出来ます。とは言え、まずは審査を通過するという点が大きなハードルになっている訳ですので、無条件に誰でも即日融資を利用することが出来るという状況にはならないので注意しましょう。

また、即日融資に対応している消費者金融や銀行だからと言って、契約することが出来れば確実に即日融資を利用することが出来るという認識も間違いとなります。対応非対応に関わらず「実現不可能な状況」というものがあり、それを避けることが出来て初めて実現することが出来ます。

せっかく契約することが出来たとしても希望が叶わないのであれば意味がありませんから、「どうすれば実現できるのか」をしっかりと理解することが大切です。それが出来れば「誰でも」とまではいかないものの、可能性は大幅に高めることが出来ます。

まず大切なことは「契約が完了した状況によって最適な選択をする」というものです。契約が完了すれば次にあるのは融資だけなのですが、この融資方法の選択如何によっては即日融資の夢が絶たれてしまう可能性があります。主に「銀行の営業終了後に銀行振り込みを選択した場合」がそれで、この場合には早くて翌日にならないと入金を確認することが出来なくなってしまいます。

しかし、自動契約機などはより遅い時間まで対応することが出来るので、ある意味この方法をとることが出来れば(契約出来さえすれば)誰でも即日融資を実現することが出来ると言えるでしょう。

ウィートグラスの青汁について

海外のセレブたちの間で人気となっている「ウィートグラス」は、緑黄色野菜のひとつです。緑黄色野菜にはビタミンやミネラル、酵素など豊富な栄養が含まれていますが、ウィートグラスには豊富な「クロロフィル」が含まれています。
クロロフィルは、腸内に蓄積された老廃物を外へ排出する働きがあり、デトックス効果が高いとされます。他の緑黄色野菜に比べ、成分中の半分以上がクロロフィルのため「最強のデトックス効果」として人気です。

海外では、生のものを絞ってジュースにし摂取する方法が一般的です。微かな野菜の甘みがあり、日常生活に取り入れる事で身体に老廃物を溜めず健康効果が得られます。一般的な青汁と比べて、クロロフィルのデトックス効果が高く、痩せやすい体質に改善してダイエットにも効果的です。また、抗酸化作用で美肌を促す働きもあり、継続する事で健康と美容への効果が高くなります。

ウィートグラスの青汁は、通販で購入する事が可能です。海外製品が多く、粉末タイプで手軽に摂れるものがあります。
海外製品に抵抗がある場合は、栽培キットが販売されているので自分で栽培して利用する事も出来ます。自分で作ったものは安全性も高く安心して利用出来るのが利点です。

ウィートグラスの青汁は、体内の不要物質をスムーズに排出する効果が高いのが特徴です。体内の老廃物を溜めない身体は、様々な健康や美容効果に繋がります。手軽に利用出来るので、生活に取り入れて綺麗な身体作りに役立てましょう。

オリックス銀行カードローン

業界最低水準の金利としてソニー銀行カードローンの人気ランキングでも常に上位にランキングしているオリックス銀行カードローン。金利は年3.0%~17.8%、利用限度額は最高800万円とカードローンとしてのスペックが高めなのが特徴です。

オリックス銀行カードローンのメリットはなんといっても3.0%という超低金利ではないでしょうか。大手銀行カードローンが4%台を下限金利としているなか、3.0%という下限金利は群を抜いて低い利率となっています。とはいえ3.0%~の金利が適用されるのは700万円超え800万円以下の利用の場合ですので、オリックス銀行カードローンは高額融資の方にメリットの高いカードローンであるということが言えるでしょう。

また希望限度額300万円以下は所得証明不要なこと、前年度の給与収入が200万円以上である方しか利用できないことなどからみても、オリックス銀行カードローンはある程度の収入がある方でやはり高額融資に向いたカードローンであるということが伺えます。またこのように低金利なカードローンでありながら、提携ATM手数料が無料というのも大きな魅力です。

このように条件のよいカードローンとなりますと、さぞかし審査も厳しいのでは…と思われるのですが、意外にも口コミで「審査に落とされた」といった声は少ないようで、対応も銀行カードローンのわりに迅速だと評価は高いようです。

審査のハードルが低いということはけっしてありませんが、一定以上の年収がある方しか利用できないこと、また2012年にサービスが始まったばかりの新しいカードローンであることから契約数を伸ばしたいという銀行側の思惑があるということなどが理由として考えられます。

では、オリックス銀行カードローンのデメリットにはどのような点があげられるでしょうか。さきほどの借入れ利率をさらにみますと、100万円未満コースの場合には12.0%~17.8%の借入れ利率となっています。大手銀行カードローンの上限金利は15%程度としているところが多い中で、17.8%というのは消費者金融とほぼ同等の金利の高さです。小口融資の場合には、適用される金利にもよりますが、他行のカードローンのほうが低金利になる可能性は高いかもしれません。